DIY PC・家電 PC・家電 体験談、レビュー 生活一般

スマホ 携帯 保護フィルム 100円追加で簡単に絶対綺麗に張れる方法

投稿日:

スマホを新たに購入したり、液晶保護フィルムを変更するときにホコリや気泡がはいってしまうと、見るたびにガッカリしてしまいますよね。

ネットを見ると保護フィルムの綺麗な張り方が沢山載っていますが、お風呂場で張り替えをしろとか、ホコリが舞い上がらないように服を脱げとか、全然簡単じゃないものが多いです。

個人的にはそこまでやって本当に効果あるの?と疑問に思うし、そこまで手間かけますか?と思ってしまいます。

私も液晶保護フィルムやガラスフィルムの貼り付けには、気泡やホコリが入ると我慢できない性格ですが、これまでいくつかのiphoneやタブレットでフィルムを張ってきましたが、本当にホコリ一つも気泡一つも入れたことがありません!

誰でも簡単にそして綺麗に保護フィルムを張る方法を紹介しようと思います。

スポンサーリンク

 1.新しい保護(ガラス)フィルムを取り出す

どの保護フィルムも大体一緒ですが、Klearlook Iphone 強化ガラス保護フィルムの場合は、汚れをとる眼鏡拭きのような布とウェットティッシュ、ガラスフィルムを取るときに使うテープが付いていました。

大体どのフィルムを購入しても、眼鏡拭きのような布だけはどれにもついてきていると思います。ですが、最悪何もついていなくても、このやり方では問題ありません。

2.スマホをきれいにする

このスマホ側をきれいにする部分で、ネットによくあるのは、水洗いするとか私の感覚では普通しないでしょ!?と思う行動をしたり、換気扇が回っていてホコリの少ないと思われるお風呂場へ移動することを勧めるものもありますが、このやり方は一切そのようなことは必要ありません。

新品のスマホの場合は、初めについている保護フィルムを剥がしてください。新品で汚れていることもないでしょうから、それだけでこの工程は完了です。

古い保護フィルムから新しいものへ交換の場合は、今貼ってある保護フィルムを剥がして以下のように画面を綺麗にしていきます。
剥がし方は本体の画面部分を傷付けなければどんな方法でも構いません。
古い保護フィルムを剥がしたら画面が汚れている場合もあるので、皮脂や油汚れを取りたいので、アルコールウェットティッシュで軽く画面を拭いて、ティッシュかトイレットペーパーで水気を拭き取ってください。
アルコールウェットティッシュを使用するのは水気が通常よりも早く気化するためです。

また、私はティッシュよりもトイレットペーパーをお勧めします。
理由はトイレットペーパーの方が紙の繊維が舞い上がらないからです。ティッシュペーパーの方が柔らかいかもしれませんが、紙繊維が抜け落ちやすいのです。抜け落ちた紙繊維は保護フィルムを張るときに中に侵入するホコリとなってしまいます。

注意 : これまで多く紹介されているやり方では、アルコールウィットティッシュで拭き取ることはオススメされてこなかったと思います。理由はあまり強くアルコールティッシュで液晶面をゴシゴシ擦ると、液晶の保護塗装が剥げてしまい、そこだけ変な色で表示されるようになってしまうのです。このようになってしまっては直しようがないので、本当に軽く拭き取り、すぐにティッシュで水気が無くなるように拭き取ってください。しかしそんなに神経質にならくても、多少のアルコールで拭くくらいであれば問題ありませんし、結構ゴシゴシしなければ液晶塗装は落ちません。

3.マスキングテープでホコリを取る

ここで一番大切なホコリを取る作業に入ります。ここで失敗してしまうとおしまいなので慎重に作業します。

服のホコリが混入するといけないので、ここからは腕まくりだけしてください。

先ほどキレイしたスマホ表面にも、ホコリが必ず付いています。スマホを見る角度を変えて見てください。小さなホコリが必ず付いているはずです。
マスキングテープでペタペタとこれらの画面の表面についているホコリを取っていきます。

光の加減で、目視ですべてのホコリを発見するのは難しいので、スマホ画面を片っ端からマスキングテープでペタペタしていきましょう。しかし、あまり激しくやるとホコリが立つので、優しくやりましょう。

4.画面保護フィルムを貼る

写真は使用した新しいKlearlook Iphone 強化ガラス保護フィルム

最後に、新しい画面保護フィルムを貼ります。新品の保護フィルムは傷がつかないように保護シートが付いていると思いますが、これを剥ぐときに服などの埃が新品のフィルム側に付くと厄介なので、ホコリが立たないようにゆっくりと剥いでいきます。

あとは、曲がらないようにスマホに保護フィルムを付けます。多少気泡が入ってしまっても、大きな気泡の場合はそこまでもう一度剥がして空気を抜けば良いですし、小さな気泡であれば布やトイレットペーパーで、擦りながら外側に押し出しせるので問題ありません。

スポンサーリンク

完成

綺麗に貼れたら、無事完成です。

上の写真では、細かいところまでは確認できないと思いますが、ホコリも気泡も一切なく綺麗に完全に綺麗に貼ることが出来ました!

このように、保護フィルムと一緒についてくるグッズの他に、マスキングテープを利用するだけで一気に仕上がりに差が出てきます。

保護フィルムの張り替えにはひと手間加えて、絶対にマスキングテープを使用することをオススメします。

仕事で100円均一等に行く暇がない方は、マスキングテープは様々な種類がありますが、Amazonでも100円台であるので通販を利用するのも良いと思います。

スポンサーリンク

まとめ

私はこの方法で何度も保護フィルムを貼っていますが、一度も目に見える埃が入ったことは一度もありません。

そのくらい成功率が高く、また安い費用で高い効果が出せるのでオススメです。
ひと手間としてマスキングテープを必要とするだけですが、もしマスキングテープを持っていればその費用すらタダで済みます。

この方法は保護フィルム製造メーカーの人では一般的のようで、高価な新品の保護フィルムを購入するとマスキングテープのようなホコリを取る用のシールが付いてくるものもあります。

メーカー側としても簡単で綺麗にできる方法なのだと思います。

スポンサーリンク



おすすめ記事 & Ads



-DIY, PC・家電, PC・家電, 体験談、レビュー, 生活一般

Copyright© Life Oyakudachi , 2020 All Rights Reserved.