体験談、レビュー 生活の知恵 生活一般

【簡単】自分で奇麗に犬の毛をカットするコツ! パグ等のダブルコート犬種

投稿日:

PC記事上テキスタイル広告

スポンサーリンク


私はパグ犬を2匹飼っています。どちらもすでに10歳を超えようとしておりますが、高齢犬の年齢に突入したにも関わらず嬉しいことに元気いっぱいです。

そして、定期的に毛をカットしていて、特に夏場は暑さが苦手な犬種の為、サマーカットにしているのですが。

 

自慢じゃないですが、一度もトリマーさんにカットをお願いしたことはありません。
ただケチなだけだろ!とツッコミが入りそうですが、そうかもしれません😭

 

初めてやった時もそこそこ上手だったと思いますが、

回数を重ねるごとにコツがつかめてきて、今ではパグに関してはセミプロです。

今では思うのです。

コツを掴めば誰でも家庭で簡単にカットできるのに、なぜやらないのだろうかと。。。

 

そこで、今回はパグさんを飼っている方や、特にパグと同じダブルコートの犬種を飼っている方に見てほしい。

ダブルコートの犬種を上手に家庭でカットできる方法をお話ししていきたいと思います。

手っ取り早くコツを見たい方は下の目次からスキップしてください。


スポンサーリンク

 

失敗の原因はダブルコートだと思う!

愛犬家の方ならご存知だと思いますが、

犬の毛の種類には2種類あり、「シングルコート」と「ダブルコート」の犬種があります。

 

シングルコートは読んで字の如く、人間の頭髪と同様に1種類の毛でのみ覆われている犬種で。

ダブルコートは人間の頭髪のような普通の毛(外毛)と、その内側に綿のような小さな毛を持っている犬種です。

 

シングルコートの犬種 ヨークシャテリア、プードル、フレンチブルドッグ、マルチーズ、ビーグル、等
ダブルコートの犬種 チワワ、ダックスフント、ゴールデンレトリーバー、柴犬、ポメラニアン、パグ、等

 

ダブルコート犬種の内側の綿毛は家庭用バリカンではカットし辛く、

バリカンを使うと綿毛だけちゃんとカットされず、

トラ柄のようになって失敗してしまうというのが一つのパターンです。

 

これを解消するには、バリカンでは無く、クリッパー(バリカンとは違い刃が大きなバリカンのようなやつ)を使うと、内毛も奇麗に切れますが、高価なんです。

プロのトリマーさんはハサミとクリッパーと、バリカンを使い分けています。

ですが、コツさえつかめば、普通のバリカンでも上手にカット出来ます。

実際、私が使っているのは安価なPanasonic ペットクラブというバリカンです。

スポンサーリンク

 

この内側の毛の対策には、ファーミネーターをバリカンと併用します。

やり方は写真入りで後ほど詳しく説明します。

スポンサーリンク

 

必要なグッズ

犬の毛を自分の家でカットするには、最低限いくつかグッズが必要です。

1.トリミングテーブル

奇麗に犬の毛をカットするには、犬にじっとしていてもらうのは絶対に必要です。

家庭でカットする場合は全身の毛を同一の長さに切りそろえられれば十分と思いますが、それにはじっとしておいて貰わなければなりません。

トリミングテーブルは、犬の苦手な高いところに犬を置く事で、犬を大人しくさせることができます。

 

トリミングテーブルがあれば、それに越したことはありませんが、購入するお金とそのテーブルをしまっておけるスペースが無いのが残念。

 

なので、私が使っているのは安価な折り畳みテーブルです。

コレ↓です。

高さもちょうど人の腰の高さでカットしやすいし、犬も怖がるような高さで、犬が大人しくしていてくれます。

スポンサーリンク

 

ただし、これだけでは机の上がツルツルしていて犬が転倒して、怪我をしてしまいます。

必ず100均などで売っている滑り止めマットを必ず敷いて使用しています。

よくあるこういうマットです。↓

スポンサーリンク

 

2.バリカン

犬を毛をカットするのが目的なので、バリカンは当然必要です。

私の使用しているバリカンは先ほど挙げた、安価なペット用バリカンですが、それでも十分です。

スポンサーリンク

 

3.ファーミネーター

素人でも奇麗に毛をカットするには、このファーミネーターが必要です。

このファーミネーターは以下の別記事でも記載しましたが、

ダブルウール犬の内側の綿のような毛の中で、抜けかかっている物だけを奇麗にそぎ取ってくれるものです。

 

犬猫の抜け毛処理 ファーミネーターがすごい

  犬猫のブラッシング目次 -好きな項目から読めます-1 犬猫のブラッシング2 ファーミネーターとは3  ファーミネーターの選び方4 これまで(7年間も)使い続けてきた感想5  まとめ &n ...

続きを見る

 

外側の毛には作用しません。

このファーミネーターは熊の手のような部分に刃が付いていて、毛を透くように使用するのですが、

重要なのは犬の毛の長さに合った毛の長さ用のファーミネーターを選ぶことです。

この毛の長さが合っていないと全く取れません!

パグでしたら短毛用を使いましょう。

使い方は後ほど写真入りで詳しく説明します。

スポンサーリンク

 

4.ブラシ

毛をカットした後にはブラシで不要な毛を払い落としたり、

仕上げを確認するために、毛をとかしたりするのに使用します。

基本アイテムですが、私の場合は肌を傷つける可能性があるので針金のようなものではなく、硬い毛のような物を使用します。

これも比較的安くて十分だと思います。

スポンサーリンク

 

奇麗にカットするコツ

 

まずは、ファーミネーターで犬の全身を軽くなでていきます。

これは、バリカンでは切りずらいダブルコートの内側の綿毛をある程度少なくすることと、バリカンしやすいように毛の流れをそろえるためです。

 

次に、バリカンで毛の長さを均一に切れるようにアジャスターを付けてカットしていきます。

こんな感じで毛が切れていきます。

バリカンにはダブルコートの上の毛と、下の毛が混ざってこんな毛が取れていきます。

 

よくありがちな様に、何度もバリカンを往復させて奇麗に切ったつもりでも、

こんな風に段々になってトラ柄になることがよくあると思います💦

 

ここでファーミネーターの出番です。

何度バリカンを往復させても上の写真のようになるのは、綿毛の方がなかなかバリカンではカットされないからです。

このバリカンで刈った部分をファーミネーターですいていきます!

コツは、これです。バリカンとファーミネーターを併用するだけです。

ファーミネーターで透くとこんな風に綿毛がたくさん取れます。

先ほどのバリカンに付いた毛と比較すると、綿のような細かい毛であることが判ると思います。

これが、バリカンだとなかなかカットされづらいのです。

 

一度ファーミネーターをかけると、こんな感じで残った綿毛が取れて、少しまだら模様が薄くなります。

 

そして、数回ファーミネーターをかけると・・・

まだら模様が無くなって、奇麗になったのが解りますでしょうか?

道具だけ揃っていれば、これだけで自分でカットしたのに、とっても奇麗にカットできるんです!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

私の経験上では、道具さえあればだれでも奇麗にカットできると思います。

お店に行って5000円払うよりお得だと思いませんか!?

 

自分でカットするのは、費用が安く済むだけでなく、パグの様にたれ耳のワンちゃんは耳の周りを短くカットして、湿気がたまるのを予防したり、足裏カットもしたり、好きなようにカットできる所も便利です。

 

また、自分でカットすることで、愛犬の皮膚の異常にいち早く気づくことができます。

 

私は自分でカットしていたので、ごく初期の悪性の肥満細胞腫(皮膚がんの一種)に気づくことが出来(初期はほんの小さなイボのような感じ)、ごく初期に手術することができた事もあります。

30~60分程度かかるので、手間な時もありますが、愛犬の異常にいち早く気づくのにはとても良いと思います。

皆さんも自分でカット、やってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

関連広告ユニット



-体験談、レビュー, , , 生活の知恵, 生活一般

Copyright© Life Oyakudachi , 2019 All Rights Reserved.