携帯電話 生活一般

MVNO 格安SIM の通信の質は悪いのか? 仕組みから解説

投稿日:

 

我が家では、高齢な親がドコモショップに悪徳契約をされてから、脱ドコモを図り、MVNO(格安SIM、格安携帯)に乗り換えしようとしています。

その中で、これまで以下の様な事を説明してきました。

 

関連記事:

NTT Docomo ドコモショップの詐欺的商法 高齢者がカモられる

ドコモ 苦情はお客様相談室より総務省に連絡を!

格安SIM 格安スマホ MVNOはなぜ安い? わかりやすく仕組みを解説

 

これらが解った所で、今回はMVNO(格安SIM、格安携帯)のサービスが問題ないと言う理由を仕組みから解説したいと思います。

高齢者や詳しくない人の中には、料金が安い仕組みが理解できても、依然としてサービスに不安を抱くひとが多いからです。

日本の携帯料金が高過ぎる為に、その料金が当たり前だと思い込んでいるのでは?


スポンサーリンク

 

MVNOはMNOから設備を借りている

格安SIMや格安スマホと俗に呼ばれていますが、正確にはMVNOと呼ばれています。

これは、ドコモやauのような大手通信会社をMNO(Mobile Network Operator)と呼ぶのに対して付けられた名前で、MVNO(Mobile Virtual Network Operator)と呼んでいます。

MVNO各社は既存の大規模通信会社であるDocomoやau, Softbankといった通信会社の既設の設備を借りる事で通信を可能にしています。

各ユーザーの携帯電話からの通信のたどる道筋をたどると以下のようになっています。

各ユーザの携帯電話--> アンテナ棟--> 光ファイバー --> 基地局となっているのですが、さらにその先は最終的には各通信会社への接続点となるPOI(Point of interface)と呼ばれる接続点へとつながっています。

スポンサーリンク

 

どの様借りているのか?

 

 

上の図を見てください。

これは、MNOの区間と、MVNOが借りている区間を絵にしてみた物です。

無線区間からPOIまでの間は既存大手通信会社であるMNOと設備を共有しています。

この区間はどの様にしてMVNOは既存通信会社から設備を借りているのでしょうか?

 

帯域やChを区別しているわけではない

この区間は、既存大手通信会社であるMNOに加入する携帯電話も、格安SIMなどと呼ばれるMVNOの携帯電話の通信も同一に扱われます。

全く同一のルールに則ってPOIと呼ばれる相互接続点まで運ばれます。

この区間ではMNOに加入する携帯の通信が増えたからと言って、MVNOに加入する携帯の通信が少なくなってしまうと言う事にはならないのです。

しかし、POI以降は各社に分かれて通信される形となり、その先にある各社の装置からインターネットに接続される形になっています。

 

通話エリアもこの仕組みに依存

この仕組みからもわかるように、各MVNOによって何処のMNO設備を借りているかで通話エリアが変わってきます。

Docomoの設備を借りているMVNOでは、ドコモと同一の通話エリアを提供でき、auの設備を借りているところではauと同一の通話えりあとなります。

 

先ほど示した図からもわかるように、無線区間とPOIと呼ばれるMVNO各社とMNO各社に通信が分岐する点に行くまでは、MVNOだから通信しにくいとか、MNOだから通信しやすいなどという事は全くありません。

スポンサーリンク

 

利用者の体感スピードに影響するのはPOI以降

私はMNOで契約しているiphoneと、MVNOで契約しているiphoneを2台使用しているのですが、この2台を比較すると通信が増大するお昼休みの時間などは、MVNOのインターネットへの通信速度が低下してしまう場合があります。

この違いはどこから来るのかというと、これはPOI以降の伝送装置までの通信回線がどの程度の帯域をカバー出来る回線が準備されているかに依存しているのです。

POIからMVNOの装置までは、例えば数百Mbpsや数Gbpsというような回線が準備されています。

これは一秒間にどれだけのbit(データ量の単位)を処理できるかを表したもので、1Gは1000Mです。

この部分に、多くの通信が集中し準備されている帯域以上の通信が発生すると、それに応じて通信が均等に制限される形になってしまいます。

そのため、お昼休みなどの通信が集中する時間帯は通信速度が落ちてしまう場合があるのです。

しかしながら、電話については音声帯域は補償されているため、MVNOであろうともいつ何時でも電話できないなどの事象に陥ることはありません。

これらの通信速度が落ちる現象は、インターネット接続などのパケット通信の場合とご理解ください。

スポンサーリンク

 

まとめ

この仕組みがある程度わかると、MVNOへの不安はなくなると思います。

一番重要な電話という機能が使えなくなってしまうという事は考えずらく、携帯の電波についてもMVNOの電波が来ていないということは、その回線を提供しているMNOの電波も来ていないという事になります。

MVNOとMNOの通信を比較した場合に、一番差が出るのがPOI以降の回線の帯域の差です。

これにより、通信が多い時間帯はインターネットが遅くなる場合があります。

しかし、MVNOの値段の安さを考えるとそれくらいであれば我慢する気になるのではないでしょうか。

関連記事:

NTT Docomo ドコモショップの詐欺的商法 高齢者がカモられる

ドコモ 苦情はお客様相談室より総務省に連絡を!

格安SIM 格安スマホ MVNOはなぜ安い? わかりやすく仕組みを解説

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Affingerウィジット336px

Affingerウィジット336px

-携帯電話, 生活一般

Copyright© Life Oyakudachi , 2018 All Rights Reserved.