携帯電話 生活一般

高齢者のdocomoドコモからMVNOへの乗換え メリットとデメリット

投稿日:

PC記事上テキスタイル広告




 

高齢の母が、ドコモショップで携帯の変更をした際に、ありえない数のオプションがついた悪質な契約をされてから、我が家では両親の携帯の脱ドコモを計っています。

 

関連記事

NTT Docomo ドコモショップの詐欺的商法 高齢者が騙される

ドコモ 苦情はお客様相談室より総務省に連絡を!

格安SIM 格安スマホ MVNOはなぜ安い? わかりやすく仕組みを解説

MVNO 格安SIM の通信の質は悪いのか? 仕組みから解説

 

多くの高齢な両親を持つ働き世代の方も、一度は両親の携帯をMVNOへの移行を考えたことがあるのではないでしょうか。

通信会社の多くが、すでにガラケーを販売すらしない方向に舵を切る中、もはや高齢者もスマホを持たざるお得なくなっています。

そんな状況の中、高齢者のスマホもMVNOにすればかなり節約出来るのです!

私は高齢者ほどMVNOに向いていると思っています。

だって、通信速度とかそんなに気にしないでしょうし。私ですら広帯域を必要とする様なゲームもしないし、Youtubeに依存した生活をしてるわけじゃないので、MVNOで十分過ぎるほどなのです。

この記事ではドコモからMVNOへの乗り換えのメリットとデメリットを説明していきたいと思います。

目次 -好きな項目から読めます-


スポンサーリンク

 

メリット

まずはメリットから説明していきたいと思います。

 

1. 月々の料金が半額以下に!

何はともあれ、これがMVNOにする最大のメリットです。

MNOとほぼ同じような仕様で、値段が半額以下!

現実としてスマホの機能を使いこなし、アプリも自由ダウンロード、許容されたパケット容量を気にしながらネットサーフィン! なんて使い方をする高齢者はそうそういないでしょう。

多少、時間によって通信速度が落ちることはありますが、MVNOでほとんどの方は十分満足できるはずです。

 

2. 必要とするサービスによって会社を選べる

結果的にこれも費用対効果が高い事になりますが、使うと想定されるサービスによって、自分の使い方に合った会社を選ぶ事が出来ます。

 

例えば。。。

 

◆Lineを多用している人

孫や離れた子供夫婦とのテレビ電話や無料電話をLineを使って行うのであれば、lineモバイルならlineサービスに必要なパケット代が無料。通常の通話をLineを使えば通話料も無料です。

 

◆ゲームを沢山する人

例えばLinksmateなら対象ゲームに必要なパケットの90パーセントが無料となります。
このため、ゲームによるパケット代をほぼ無料にする事ができます。

 

◆ホームページを沢山見る人

IIJmioではパケット代をカウントされないで、200kpsの最低限の通信をする事が可能です。
しかもHPの読み込み始めは3Mbpsで読み込むため、写真を多用しないHPであれば通常と同様のスピードで表示できます。
なので、このモードでのホームページ閲覧ならパケット代は無料となります。

 

このように自分のライフスタイルに合わせ、最もお得な会社を選ぶ事が可能なのです。

スポンサーリンク

 

デメリット

ここからはデメリットですが、特に高齢者の方や初心者の方が陥り易いと想定される内容に重点を置いて挙げ、対応策も一緒に紹介します。

 

1. 対面サポート窓口が少ない

これまでの記事でも説明てきた様に、MVNOが安いのは不要なサービスを削減しているからです。

いくつかの会社は家電量販店と組んで家電量販店でサポートを行っていたり、携帯販売店と協力してサポートを行っているところもあります。
しかし、その他大多数のMVNOでは、店舗を持たず、ネットのサポート窓口のみの所が多いのが現状です。

高齢者の方や初心者の方の殆どは、ネットのサポート窓口だけと言うのは大変不安な物だと思います。

 

私が想定するに、サポート窓口が必要になるのは、以下のタイミングが殆どだと思います。

①携帯電話の初期設定の方法が分からない時

②携帯本体に不具合が起きた時

③契約プランを変更したい時

④使い方が解らない時

 

この全てに、対応法があると私は思っています。
①、②に関しては、以降に記載する”携帯の初期設定が必要”の項目と、”携帯本体のサポートが無い”の項目を参照いただければと思います。

問題は③と④です。
この2点に関しては、ほんのちょっとの知識があれば誰でも自分で理解できると思いますが、高齢者の方に聞くと難しいと言います。

高齢者の方々については、この点についてはもうお子さんに任せてしまいましょう!

それが、本当に一番良いのです。MVNOならプランの説明とプラン変更はネットで申し込みできます。
家族で詳しい人に相談しながら安心してネットから申し込みできます。携帯ショップのように煩わしいサービスを進められることもありません!

また、使い方については間違っても”らくらくスマートフォン”等を使ってはいけません。
UIが独特過ぎて携帯会社の思うつぼです。
高齢者がスマホに慣れるのに一番良い方法は長くなるので、別記事で紹介させてもらおうと思います。
この方法で家の高齢の両親はLineを使え、電話、メールも使えるようになっています。

スポンサーリンク

 

携帯の初期設定が必要

 

MVNOを使用するにはどの通信会社でも初期設定をしなければなりません。

設定の方法は簡単で、SIMカードを差して " apn設定 "とその会社にもよりますが、必要なアプリを1個程度インストールすればよいだけが殆どです。

私はIIJmioとLine mobileの2つの会社の携帯を持っていますが、私もこれ以上の設定をしたことがありません。

この2点さえできれば、低価格の恩恵を享受できるのです!

と言っても、やはり高齢者の方にはハードルが高いかもしれません。
その場合は初期設定をしてくれるカウンターを持っているMVNO事業者を選定すれば問題ありません。
ドコモショップ程店舗が多くないですが、初期設定はサービス導入時だけなので、少し遠くでもそこへ行けばセットアップしてくれます。

それ以外では、やはりスマホに詳しい年代のお子さんなどに頼るのが一番手っ取り早いです。
普段スマホを使っている世代であれば、この程度は説明書やネットを見れば誰でもできるレベルです。

 

携帯本体のサポートが無い

殆どのMVNO各社では、毎月に数百円の保証料を払うことで故障の時に携帯修理代を安く補償してくれます。

しかし、注意しなければならないのはこの補償が使えるのは、そのMVNOが販売した機種に限られるという事です。

MVNOでは、好きなSimフリースマートフォンを使い、そのスマホに何かあってもユーザーの責任ですというのが、そもそものMVNOの始まりだったからです。

しかし私は疑問に思います。そんな補償やサポートを付加して、どれだけ高価なスマホを使うつもりなのでしょうか?

特に高齢者の使用を想定した場合、iphoneのような高価な機種を使う必要は無いと思います。
それほど、負荷のかかる高精細なゲームをしたり、マルチタスクに負荷をかけたりしないからです。

高齢者向けには、1万円前後のAndroidが断然良いと思います。
なぜなら、いまの1万円程度のスマホでも数年前より格段に処理能力も高く、普通に使うには十分な実力があるからです。

そして、すべてのスマホに使われているリチウムイオン電池は、使うたびに過充電するたびに劣化して行き、大体2年程度でダメになります。

2年後には、そのスマホの型は古くなり、バッテリーの値段も上がっていることが殆どです。

1万円ていどのスマホであれば、壊れたりバッテリーがダメになったら、サポートに頼るよりも、即新しいスマホに交換出来ます。

修理だなんだと、サポートに頼る必要はないのです。

ここは、発想を変えて高齢者の方には1万円前後の機種にしていただき、何かあったら新品にすぐ交換する方向で、初めから心構えをしてもらいましょう!

スポンサーリンク


 

メールアドレスが付いてこない

以外に知られていないのが、MVNOでは携帯会社でやっているメールが付いてこないのです。

メールなんて使っていますでしょうか?

この解決策はいくつかあります。

そもそもメールは使わずに、Lineなどの無料メッセージアプリを使う方法。

MVNOでもSMSのショートメッセージは使用できますので、こちらを使用する方法。

また、Gmail等の無料のwebメールを使用する方法があります。

 

契約縛り1年がある場合がある

MVNOの音声通話機能付きのSIMには、契約に1年縛りがある場合があります。

契約後1年以内に解約をした場合は違約金を支払わなければならない契約です。

そのMVNOで規約が違うので、契約する際はホームページ等で十分に確認するようにしましょう。

スポンサーリンク

 

総括

いかがでしたでしょうか。

以上がドコモなどのMNOからMVNOに乗り換えを考慮した場合のメリットとデメリットになります。

いずれにせよ、高齢者の方にスマホを持たせるのはある程度スマホを使っている家族のサポートが必要になります。

しかし、面倒と思ってはいけません。一度慣れてしまえば同じOSであれば機種が変わっても使い方は一緒です。

スマホの使い方を教えたり、教えあったりして家族の会話も増えるかもしれません。

また、遠隔地に住んでいる高齢者にスマホを渡すときは、あらかじめLine等のテレビ電話が出来るアプリだけ説明しておくと便利です。

みなさんも、高齢な両親へMVNOのスマホを持たせるのを検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

NTT Docomo ドコモショップの詐欺的商法 高齢者が騙される

ドコモ 苦情はお客様相談室より総務省に連絡を!

格安SIM 格安スマホ MVNOはなぜ安い? わかりやすく仕組みを解説

MVNO 格安SIM の通信の質は悪いのか? 仕組みから解説

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Affingerウィジット336px

Affingerウィジット336px

-携帯電話, 生活一般

Copyright© Life Oyakudachi , 2018 All Rights Reserved.