体験談、レビュー 生活一般

簡単!ワンちゃんにお勧めする足を保護する靴

投稿日:

 

ワンちゃんに靴を履かせたい

 

理由はそれぞれですが、飼い主共通の思いは、何とかして足を傷つけないで大好きなお散歩を続けたい!
そう思いませんか?

私は2匹の犬を飼っていますが、足の傷で悩み、今では散歩にはワンちゃんに必ず靴を履かせています。
この記事では私が今までに試したグッズと、それぞれの利点・レビューを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

結構多い。足を引きずるワンちゃん

 

 

私も長い間ワンちゃん2匹をかっております。
このページを見てくださった方も、ワンちゃんを飼っている方だと思います。

ワンちゃんに欠かせないのは毎日の散歩です。ストレス発散にも、適度な運動をさせる意味でも散歩は大切です。

実は、足を引きずるようにして歩くワンちゃんが結構多い事にお気づきでしょうか。

ワンちゃんによって、その理由は様々ですが、足を引きずるように歩くようになると、歩くたびにアスファルトに足の甲が擦れて皮膚が薄くなってしまい、出血する事態になります。

出血するまでは、恐らく飼い主の方はなかなか気づかないでしょう。
私も、気づきませんでした。

唯一のサインは、散歩後に足をペロペロ念入りに舐めるようになる。という事だけです。
恐らく、道路に擦れて、痛かったり・かゆかったりするのでしょう。

私の住んでいる住宅地は、比較的ワンちゃんの多い地域で、足を引きずるように歩くワンちゃんと、それに悩む飼い主さんが結構多いのです。

私の犬も、前足で地面をけった後に前足の甲を道路にこすり付けるような形で、足を前方に出すような歩き方をするようになり、どうすれば散歩中にアスファルトから足を保護できるか悩んでおりました。

私の場合は単なる犬のクセによるものですが、私の知り合いではワンちゃんが病気にかかってしまい、後ろ足がやや不自由になってしまい、地面をけった後に上手く足を上げられずに、結果地面に足の甲を擦ってしまうワンちゃんがいました。

また、夏は日が傾いてもまたアスファルトが40度以上が普通ですし、冬はアスファルトは温まるのが遅いので、早朝の散歩などで足を保護してあげたいものです。

スポンサーリンク

 

たくさんの種類がある、犬の靴

同じような事で悩んでいる飼い主さんが、多いのでしょう。

いろいろな犬の足の保護グッズがでています。

 

1. 普通の靴タイプ

 

初期の時、私は普通に考えて、犬の靴を履かせれば大丈夫と思い、まずは単純に、足首でマジックテープで縛るような対イプの普通の犬用の靴を購入しました。

感想:
グッズとしては、丈夫そうに作られていたので、長い間使えそうでした。
でも、我が家の場合はわんちゃん次第ですが、うちの犬はこれを履かせると本当に嫌がってしまい、せっかく履かせても、自分で口や手を使って外してしまうんです。
そのため、一度は購入しましたが我が家の場合は使用を断念しました。
わんちゃんによってはそういったことを気にしない子もいると思いますので、そうゆう子にはうってつけだと思います。

 

2. ラバータイプ

 

そういうわけで、我が家の場合は次の手を考えて、試行錯誤が始まりました。
次に思いついたのが、ワンちゃんが簡単に脱げない靴があればよいのではないかと考えて、Amazonでも評判の良いPAWZのドッグブーツを購入して使用してみました。

PAWZのブーツは厚いゴム製で風船のような形をしています。

スポンサーリンク

感想:
これは本当に良かったです。
靴嫌いなうちのワンちゃんも、ゴム製で伸縮性があるからか、履いた後はあまり嫌がりませんでした。

また、ゴムがある程度ぴったり密着するので、自分で脱ごうとしてもなかなか脱げないのでした。
この靴はうちでは数年愛用してました。

あと、一番らくなのが、靴を履いているので、お散歩から帰ってきた後に足を拭かなくても、靴を外すだけで良いというのは楽でした。

欠点としては、まず初めに購入時にサイズがあまり良く解らなかったこと。うちの場合はパグなので、SサイズとXSサイズを両方購入して、結局はXSを使い続けました。
それと結構作りが頑丈で、数回程度の散歩に耐えられるように厚めのゴムで作られているので、靴を履かせる際にゴムを広げて履かせるため、ゴムが厚い分広げるのに力が必要で、少し面倒でした。

我が家の場合は朝と夕方で一日2回散歩に連れて行くのですが、そのたびにこのpawsの靴を履かせていましたが、毎回面倒なので、専用のPawsラバーブーツ専用の装着器具を購入して使用していました。

スポンサーリンク

数回の使用で、ブーツに穴が開いてしまうのですが、うちの場合は2匹いるので、数週間で新しいものを購入しなければならず、多少コスパが悪いように感じました。
うちの場合は2匹とも前足だけ履かせていましたが、4本全部履かせるともっとコストがかかると思います。

というわけで、2年程度使用して、使用を辞めました。

 

コスパ最高のワンちゃんの靴の作り方

 

 

私が最終的にたどり着いたのは、PAWSのラバーブーツのフェイクを自分で自作することです。
と書くと聞こえがわるいのですが、PAWSを参考にして100均で購入した風船を使用して、口を切って使用しています。

これがコスパ最高だし、ワンちゃんも嫌がらないのです!

 

Youtubeで検索すると、海外の方も同じ使い方で利用していたので、万国で使用できる方法なのだと思います。

まずは100均で風船を買ってきます。100円で20個。うちのワンちゃんの場合は9inchで丁度良いです。

適当な長さで、風船の口をカットします。

後はワンちゃんにはかせるだけ。

後は、このまま散歩に行くだけです。
我が家の場合は、100均なので一回で使い捨てにしています。
Pawsと違うところは、ゴムが薄いところです。ですので、使おうと思っても2~3回でおそらく穴が開いてしまいます。
ワンちゃんの爪が少し伸びていると、1回で穴が開いてしまうこともしばしばあります。

もともとが風船なので、Pawsの物より伸縮性があり、履かせやすいです。
コスパも良いですが、大型犬や中型犬の場合は、丁度良いサイズの風船がないかもしれません。
また、見た目もぱっと見わかりませんが、よく見るとやはり風船で安っぽい感じに見えるかもしれません。
それと、飼い主さんには、毎回風船が消費されるので、定期的に風船を購入してカットする作業が必要になります。

スポンサーリンク

 

最終的には、

 

私の場合は、最終的には100均の風船にたどり着きましたが、
飼っているワンちゃんの性格によって、使いやすさと・コスパが分かれてくると思います。
靴をそもそも嫌がらない子であれば、1カ月やそれ以上使える普通の丈夫な靴のほうがコスパも良いと思います。
かっているワンちゃんの個性によって、みなさんもいろいろ試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Affingerウィジット336px

Affingerウィジット336px

-体験談、レビュー, , , 生活一般

Copyright© Life Oyakudachi , 2018 All Rights Reserved.